スポンサーリンク

ウェブライターとして効率よく稼ぐにはクライアント選びが大切だという理由

ウェブライターとして少し慣れてきたら、仕事の効率性が大切だということがわかります。一日に作業できる時間は決まっていますから、少しでも採算性の高い案件を多くとることが効率よく稼ぐ近道になります。そのためには、クライアント選びもポイントです。

ウェブライターとして効率よく稼ぐために、記事単価で仕事を選ぶ人は多いと思いますが、それよりも大切なのはクライアント選びだったりします。その理由についてお話します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ウェブライターとして効率よく稼ぐ工夫

ウェブライターとして効率よく稼ぐにはクライアント選びが大切

初心者の頃なら報酬単価が低くても、とにかくライターとしての経験を積むことが最優先になるでしょう。しかし、ライターという仕事に少し慣れてきたら、作業の生産性を上げて効率よく稼ぐことが必要になってきます。

一日に作業できる時間は無限ではありません。ある程度の時間内で、効率よく仕事ができるように、ライターの依頼案件を選ぶ必要があります。

報酬単価が高ければ効率よく稼げるとは限らない

クラウドワークス,ランサーズ,報酬未払い,トラブル

手っ取り早く稼ぐには、報酬金額の高い仕事を取ることが一番だと思うかもしれません。しかし、今までの記事にも書いていますが、必ずしも報酬単価が高い仕事が効率よく稼げるとは限りません。

報酬金額が高いということは、それだけ要求されることも多くなるということです。また、画像選定や修正依頼など、純粋な記事作成以外の作業が含まれているかもしれません。

クライアント選びが大切な理由

記事納品後の修正依頼ー納得できないときの対処法

ウェブライターとして効率よく稼ぐにはクライアント選びがとても重要になってきます。自分と相性のいいクライアントと長く付き合う方が、結果的には作業生産性が上がるからです。

例えばクラウドワークスでのプロジェクト形式で記事作成を行う場合、契約を結ぶまでにクライアントとの間でメッセージのやり取りが必要となります。場合によっては、テストライティングがあったり、報酬金額の交渉も必要かもしれません。その分、自分の作業時間を取られるということになります。

その点、なじみのクライアントがいて、定期的に仕事をもらえるようなら、メッセージのやり取りなどの時間が短縮できますよね。

クライアントを選ぶときには、そのクライアントに対する評価を参考にするのもよい方法です。クライアントによっては、記事を納品しても確認の連絡が遅いクライアントや、最悪連絡がつかなくなることもあります。仕事の募集実績がそれなりにあり、評価も高いクライアントは、安心して仕事を引き受けることができます。

もう一つ、気にしたいのはクライアントのメッセージの書き方などでしょう。クライアントによっては、ライターに対して横柄な態度をとる人や、やたらと催促が多い人もいます。いくら記事単価が高くても、上から目線なメッセージばかりでは、楽しく仕事ができません。

自分の得意な分野を決めておくこと

ウェブライターとして売ってもいい記事と売ってはいけない記事がある

ライターの仕事を選ぶとき、慣れてきたら自分の得意なジャンルのものを選ぶようにすることもよい方法です。同じ文字数でも、得意な分野かどうかによって、作業時間が大きく異なってきます。

初心者であれば、積極的にいろいろなジャンルの記事に挑戦するのが良いかと思いますが、効率的に稼ぎたいと思うなら、執筆ジャンルはある程度絞るのがおすすめです。

クラウドソーシングでウェブライターとして、やっていると、記事単価の低さに驚かされることがあります。もちろん、文字数にもよりますし、報酬単価が...
ライターの仕事は在宅でできて、空き時間のある時にサクッと作業するだけで稼ぐことができる、時間や場所にとらわれない自由な仕事のスタイル・・・、...
ウェブライターとして仕事をするなら、クラウドソーシングや文章作成専門の副業サイトに登録しておくことが、効率的です。 最近は、主婦も学生...