スポンサーリンク

記事作成を依頼するクライアントって何者?相手を理解して的確な記事を書く

ライターの仕事をいくつか請け負っているうちに、依頼者(クライアント)には、いくつかのタイプがあることがわかってきます。そもそも、Webライティングの仕事を依頼してくる人たちというのは何者なのでしょうか。

ライティングによる記事を集めて、どのようにして収入を得ているのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Webライティングを依頼するクライアントとは何者?

記事作成を依頼するクライアントって何者?相手を理解して的確な記事を書く

Webライターというと、最初経験がない人は、敷居が高いと感じるものです。「物書きでもないのに、記事を書いて他人様に販売してもいいのだろうか」「私の書いたものを買ってくれる人がいるのだろうか」と思ってしまうかもしれません。

しかし、実際には、私がライティングを請け負うクラウドソーシングなどでは、ライティングの仕事はいくらでもありますし、記事を買ってくれるクライアントが切れることがありません。

ライターとしては素人の記事を、たとえ安価でも買って、それがどんな得になるのだろうかと疑問に思いませんか。

当然ながら、記事を依頼するクライアントだって、その記事を利用して収益を得ています。彼らは、主に次のような人たちに分類できるでしょう。

記事を買うクライアントの種類

記事作成を依頼するクライアントって何者?相手を理解して的確な記事を書く

大手サイト

非常に多くの記事を保有している大手のサイトです。資本金が大きく、事業内容として、サイト運営をメインに行っているところもあれば、サイト運営は、事業の一部にしかすぎない会社もあります。

一つの会社で複数のサイトを運営していることもあり、特徴としては、比較的幅広い分野の記事を必要としています。また、資本があるため、その求人情報は、クラウドソーシングの仕事募集の画面でも上位に表示されることが多いです。

これは、クラウドソーシングの会社に追加金額を払って、募集案内がより多くのライターに目に留まるようにしているからです。一度に大量のライターを募集することがあり、記事個別の報酬に加えて、インセンティブがあるケースもあります。

記事報酬単価は、他のクライアントと比べて必ずしも高額というわけではありません。しかし、条件が良く、応募するライターも多いので、未経験者がいきなり応募しても採用されないことがあります。

大手サイトは、一般的に、サイトに掲載する広告収入で収益を得ています。巨大なサイトとなると、もはや一種のメディアとなっています。

個人アフィリエーター

私の感覚的なものですが、おそらく、ライティング募集をしているクライアントの人数としては、個人アフィリエーターが最も多いのではないかと思います。

アフィリエーターというのは、基本的には大手サイトと同じで、広告収入で生計を立てている人のことです。

ただし、個人アフィリエーターは、資本が少なく、比較的に狭い分野のサイトやブログを運営していることが多いです。そのため、募集する記事作成の分野も、ある程度狭い範囲でのジャンルになりがちです。

個人アフィリエーターの記事作成の案件では、SEO対策のためのライティングを求められることが多いです。しかし、個人のアフィリエーターの中にもいろいろなタイプの人がいて、キーワードによるSEO対策よりも、オリジナリティを求めるクライアントもいます。

ウェブサイトで集客をしたい事業主

自社のホームページ(サイト)を新たに作って、さらに集客しようとする事業主や、すでに持っているサイトをパワーアップするためにサイト用コンテンツを必要とする経営者などです。

例えば、自社のスキンケア商品をネットで販売したい化粧品メーカーや、ネット注文を受注したい小売り生花店など、記事テーマのジャンルは多岐にわたります。

ただし、このタイプの依頼主は、ウェブマーケティングやライティングのプロでないこともあります。そのため、記事作成のやり取りになれていないケースもあり、非常に書きにくいテーマを注文されたりすることもあります。

その一方で、記事作成で納得のいく品質のものを納品できたときには、思ってもいないボーナスがいただけることもあります。

Webデザイナー

Webデザイナーというのは、人に依頼されてウェブサイトを作る人のことです。上記で上げた「ウェブサイトで集客したい事業主」からの依頼でサイト制作を行うプロという場合です。

普段から、Webライターとのやり取りにも慣れているケースが多いです。また、報酬の面としては、人に依頼されている分、できるだけ安く抑えたい、サイト制作の納期も決まっているので、ライターへの記事納期も短いことがあります(遅れると催促されます、笑)。

Webデザイナーに依頼する人は、あらゆる分野の経営者が考えられますので、その分野も多岐にわたります。

クライアントの特徴を知って応募の参考に

以上が、主なライティングの依頼主です。それぞれに特徴をとらえて、どのような記事作成を依頼されるのかを理解しておくと、応募の際の参考になるかもしれません。

応募してしまってから、合わないとわかりキャンセルするのは、双方ともに時間と労力の無駄になります。そのようなことがないように、相手のことをあらかじめ少し理解しておくと良いと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク