Webライターのひとりごと

知識ゼロからウェブライターになる方法、効率よく稼ぐコツ、副業から本業への道

締め切りに間に合わない!ライターとしての〆切管理の方法

   

ライターの仕事には、原稿提出の〆切がつきものです。ライターで生計を立てようと思うと、数件の仕事を掛け持ちで請け負うことも多くなりますが、そうなってくるとたいへんなのが、各案件の〆切管理です。

しまった!締め切りに間に合わない!なんてことがないように、日ごろからきちんと仕事管理をしておきたいものです。

今回は、ライターとして請け負う仕事の〆切管理についての話です。

〆切があってこその仕事

〆切、納期、ライター

ライターの仕事は基本的に記事作成代行です。ですから、依頼主は締め切りを設けて、ライターと仕事を管理します。

当然ながら、すべての案件には納品期日、つまり〆切があるわけで、〆切があってこそ報酬も支払われるということになりますよね。

もちろん、依頼主によっては納期についてゆるいところもありますが、中には大手メディアなど、締め切り日に厳しい企業もあります。ライターとしてプロを目指すのであれば、納期を守ることは必須ということになります。

複数の案件の〆切管理

ライターとしてまとまった収入を得るためには、複数の案件をかけもちし、並行して作業をすすめることも少なくありません。案件が増えれば増えるほど苦労するのが〆切管理です。

ときには、ついうっかり納期を忘れて過ごしてしまうこともあるかもしれませんが、依頼主にしてみれば、「他の掛け持ちの仕事に追われていて、ついうっかり〆切を過ぎてしまいました」なんて言い訳は通用しません。そんなことを繰り返していれば、だれからも依頼が来なくなってしまいます。

それを避けるためには、自分できちんと時間と締め切りの管理を行うことが大切です。

〆切管理のコツは次のようなことがあります。

1.ツールやスケジュール表を使って管理する

基本中の基本です。各依頼主の締め切りは、カレンダーやタスクツール、スケジュール表などを利用して、まめにチェックしておきましょう。

本来の〆切日よりも少し早め(例えば1日、2日前)に仕事を仕上げることを目標にしておくと、失敗しにくいです。


2.仕事を受けすぎない

仕事を多く引き受ければ収入も自然と多くなりますので、つい欲張って多くの仕事を引き受けてしまうこともあります。しかし、実際に仕事に取り掛かってみると意外と時間がかかり、あれもこれも〆切に間に合わないという悲惨な結果になる危険性も。

自分のキャパシティーを超えないように仕事を管理することが大切ですね。また、自分の作業のスピードを的確に把握しておくことや自分の実力を過信しないことが重要です。


どうしても納期に間に合いそうにないというとき

がんばってみたものの、どうしても納期に間に合わないということもあります。そんな場合は、納期を過ぎてから謝るのではなく、納期に間に合いそうにないということを〆切が過ぎる前に依頼主に連絡しましょう。

また、ライターも人間ですから、締め切り前に体調をくずしたり、急に身内に不幸が起こることもあります。そんな時に慌てないためにも、普段から納期より少し早めに仕事を完成させるクセをつけておくのもプロとしての職責かもしれません。

依頼主の方でも、ある程度の余裕をもって納期を設定しているケースもありますが、それでも納期や締め切りは守って当たり前、というのがプロの仕事でしょう。〆切を守れないライターさんは、いずれ仕事のオファーも来なくなってしまうものです。

自分に合った〆切管理の方法を身につけて、仕事と時間管理ができるプロライターを目指したいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 効率よく稼ぐ , , ,