スポンサーリンク

プロライターとして稼ぐー文字単価1円以上の案件を取る方法

ウェブライターは、初心者でも簡単に始められる在宅ワークです。しかし、最初のうちは、報酬単価がとても低いことに驚かれるかもしれません。低い報酬単価でも、安定して収入を上げるためにはいつくかの方法がありますが、文字単価を上げることは手っ取り早い方法です。

プロライターとして稼ぐために、文字単価1円以上の案件を取る方法について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




需要が高いのに報酬単価が低いのがウェブライター

プロライターと稼ぐー文字単価1円以上の案件を取る方法

ウェブライターというのは、未経験者でも気軽に始められる副業です。在宅でできるので、小さなお子さんがいる主婦の方でも稼ぎやすいと人気です。

しかし、実際に始めてみれば、その報酬単価が低いことに、驚くかもしれません。報酬単価が低くてもカンタンに仕上げる案件もあれば、1本記事を書くのに数時間を費やすものもあります。

文章を書くのが好きなら続けられるかもしれませんが、それでもあまりにも時給換算にして生産性が低いとモチベーションも下がってしまいますよね。

安定して効率よく稼ぐために必要なこと

誰だって、仕事としてやっていれば、効率よく稼ぎたいと思うものです。最初のうちは、経験を積むためと思って、安い単価でも仕事を引き受けることは必要でしょう。しかし、いつまでたっても、低額報酬のものばかりやっていては、毎月の収入は増えません。

安定して効率よく稼ぐためには、2つのアプローチが必要です。

  1. 低額でも簡単にできる案件を大量にこなす
  2. 報酬単価の高い案件を取る

この2つの方法は、当然だれでも思いつくことだと思います。自分の仕事に対する方針をどちらかの方法へとシフトさせていくこともよいでしょう。しかし、両方のやり方を並行して行うのも賢い方法だと思います。

文字単価を上げる工夫

ライターとして生計を立てる、もしくは安定して稼ぎたいと思うなら、文字単価を上げることは必須です。文字単価を上げるといっても、なかなか簡単なことではありません。

1.現在取引中の依頼主と交渉してみる

長く付き合いを続けて入れば、だんだんと報酬単価を上げてくれるクライアントもいます。しかし、中には、何百本執筆しても、単価が上がらない、もしくはほんのわずかしか上げてくれない依頼主もいます。

もちろん、それが自分のライティングスキルだと諦められるなら良いのですが、腑に落ちないときは、こちらから報酬に関して交渉する勇気も必要でしょう。

2.文字単価の高い案件を紹介してくれるサイト

また、サグーライティングプラチナで、自分のライティングスキルを試してみるのもおすすめです。

文字単価1円以上の高額案件が多い!サグーライティングプラチナ

こちらのサイトでは、ライター登録時に簡単なライティングテストがあります。それに合格すれば、文字単価の高い案件を紹介してもらえます。

3.自分で文字単価1円の記事作成として出品してみる

もう一つの方法は、自分で文字単価を設定して、ココナラで出店してみるという方法です。

これは私もやっていた方法です。登録にも出品にも手数料はかかりませんので、とりあえず出店しておくと良いと思います。

関連記事 クラウドワークスに慣れたらココナラでライターとして出品しよう!

ココナラの価格設定は、最初500円しか選べませんが、文字単価1円、500文字の記事執筆として出品し、文字数追加は「おひねり」として追加払いをお願いするなどの工夫をすればよいでしょう。

最初はなかなか顧客が集まらないと思いますが、経験を積み、ライターとしての評価が上がればだんだんとクライアントが増えてきます。

ただし、ココナラではサービスの売買が完了した時点で手数料が報酬から差し引かれます。この点は考慮しておきましょう。

【ココナラ】

複数の文章作成サイトに登録しておくのも有効

また、作業の生産性や効率性を言う場合、実際の作業にかかわる時間で考えがちですが、クライアントの交渉やメッセージのやり取りの時間も短縮できれば生産性が上がることになります。

そのためには、文章作成専門のサイトに登録しておくのもよい方法です。これらのサイトでは、特殊なエディタツールを使って作業をするので、クライアントとのやり取りが必要ありません。

仕事の案件を探すのもスムーズですので、まだ登録していない人は、試してみる価値ありだと思います。

関連記事 ウェブライターとして効率よく稼ぐなら最低登録しておきたい5つの副業サイト