スポンサーリンク

ウェブライターの報酬ってどのくらい?

Webライターとして仕事を請け負っていると、最初はとても安い単価の仕事しか取れないのが通常です。そうなると、ライターとして、将来いくらぐらい稼げるようになるのかが気になるところです。他人がいくら稼いでいるのかも知りたくなりますよね。今回は、ウェブライターの収入と報酬について考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ウェブライターは儲かるのか?

ウェブライターの報酬ってどのくらい?

ウェブライターは、だれでも手軽に始められる仕事ですが、未経験者の報酬は高くありません。経験がなくても採りやすい案件というのは、特に専門的な知識を必要としないものが多いです。ほとんどのケースでは、ネットで検索した記事から、オリジナルの記事に仕上げるというものが多く、これらの案件では安いもので、1000文字200円というものもあります。

ウェブライターとして稼いでいる人は、どのくらいの報酬をもらっているのかというと、かなり開きがあるようです。一般的に、クラウドソーシングからとれる仕事では、1案件で1000円という単価のものもあります。しかし、先ほどの繰り返しなりますが、単価の高い案件というのは、単に執筆だけで仕事が完成しないものが多く、時間がかかるので時給換算にするとそれほど効率が良くないというものもあります。

経験を積むと報酬は上がる

クラウドソーシングでは、ライターとクライアントのお互い同士で、評価をしあうというシステムを採用しているところがあります。仕事を請け負い、それを完了させると、クライアントから評価が入力されます。この評価が、次のクライアントに対する参考資料となり、より良い評価を積み重ねることで、自分のスキルの証明となります。

つまり、経験を積み、クライアントの良い評価を獲得すれば、条件の良い案件に応募しても採用されやすくなります。

そのようにして、経験を積むと、1本数千円の仕事が取れることもあります。しかし、しつこいようですが、見た目の報酬単価だけで仕事を選ぶのは危険です。中には、執筆の規則が多く、規則やマニュアルを読み切るだけで時間を費やしてしまう案件もあります。また、何度も修正依頼が来るクライアントもいます。

インセンティブ制を導入している会社も

お仕事によっては、記事を作成し投稿したのちに、どれだけ読者に人気があったかによって、インセンティブ(目標別ボーナス)を支払うクライアントもいます。つまり、良い記事を書いてそれが読者に支持されれば、記事作成の報酬とは別に、ボーナスが支払われるというシステムです。

これは、良質な記事を書けるライターをその会社で長く囲いこむための方法です。そのため、その会社で長くライター活動をすればするほど、条件が良くなるようになっているのが通常です。

こういったボーナス性を導入しているのは、比較的大きな企業が多いです。個人で行っているアフィリエーターは、ボーナスの支払いがあってもその支払額などは、不透明になっていることが多いと思います。

ウェブライターの報酬は案件ごとに決まる

大雑把に言うと、ウェブライターの報酬は上記のような形になります。未経験のうちは、1本書いて200円や300円の案件をこなし、記事の書き方を身につけたら、より報酬の高い案件に応募してみましょう。

そうやって、経験を積み重ねていくと、クライアントの方から名指しでスカウト案件が来ることもあります。その場合、報酬交渉も可能になりますので、さらに良い案件をとることも可能になりますよ。