スポンサーリンク

ウェブライターの月収ってどのくらい?

ウェブライターとして働くには、副業として行う人と、専業ライターとして生計を立てる人がいます。ウェブライターになるのは、文章が書ければ比較的簡単ですが、その分、報酬はピンキリとなります。専業のWebライターとして活躍する場合、どのくらいの月収を稼ぐことが可能なのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1案件の報酬単価

ウェブライターの月収ってどのくらい?

ウェブライターになるのは比較的簡単です。ライターの仕事はさまざまですので、ある程度の文章力があれば、中程度の案件を受けるのは難しくありません。

未経験の人の場合、記事を1本書いて200円~300円から始めるケースが多いと思います。以前は1記事100円というような案件もあったようですが、最近は、需要が高まっていることもあって、一口当たりの報酬単価は上昇する傾向にあります。

経験を積み、信頼できるライターとしてクライアントの高い評価を得られたら、報酬単価の高い案件を受けることも可能になります。テキスト(文章)だけの案件でも、1記事500~800円というものもあります。もちろん、これらの条件の良い案件は競争率も高いので、最初の採用時にどれだけ自分をアピールできるかがカギになります。

記事作成にかかる時間

記事作成にかかる時間は人それぞれ個人差があります。多くの場合、タイピングのスピードに比例して、記事作成スピードはアップすることが多いです。もちろん、記事の内容も作成にかかる時間を左右します。自分の書きなれた内容であれば、それほど資料を調べなくても書けますが、知識がない分野に関しての記事は、資料集めから時間がかかります。

また、ライターの案件というのは単に記事作成だけのものとは限りません。記事作成をターゲットにしたクラウドソーシングのサイトでは、シンプルに文章を書くだけの案件がたくさんあります。

しかし、それ以外のクラウドソーシングでは、一つの案件にテキストの作成+画像選定、さらに投稿ツールを使って記事を投稿するという作業も含んでの応募案件もあります。その点は、仕事を引き受ける前にしっかり確認する必要があるでしょう。

契約をしてしまってから、画像も必要、投稿作業も必要、しかも修正依頼も多いという案件であった場合、予想以上に時間がかかり、時給換算すると200円にもならないということもあります。

月にいくら稼げるか?

では、ウェブライターとして生計を立てたいときに、1か月にいくらくらい稼げるのでしょうか。

たとえば、私の場合、記事1本(1000文字程度)書くのに30分以内で完了できます。そうすると、1本が200円であれば1時間当たり400円、1本の単価が500円であれば1000円ですね。

ただし、1000文字の記事を書くのに30分といっても、それ以外に時間のかかることがあります。校正やクライアントのやり取りなどの時間を含めると、大雑把に言って、1本あたりにかかる時間は40~50分程度と言えるでしょう。また、クライアントによっては、修正依頼がかかることもあります。その場合は、時給にして500円となる場合もあります。

一日の作業時間として、専業でライターを行うなら、一日8時間以上執筆に時間をかけることも可能でしょう。しかし、8時間ぶっ通しで執筆するというのは、かなり厳しいです。

たとえぶっ通しで作業できたとしても、記事のクオリティは下がってしまいます。そうすると、クライアントからの評価を下げることにつながりますので、あまりおすすめできません。

もちろん、個人差がありますし、その時の体調にもよりますが、一日がっつり作業ができるのは賞味5時間程度ではないでしょうか。人によっては2,3時間という人もいるでしょう。

もし、1日5時間で、月から金まで週5日稼働したとして、1週間に25時間、1月だいたい100時間作業できるということになります。単純計算して時間あたりの生産性が1000円であれば、月収10万円ということになりますね。

実際には、もっと稼いでいる人がいます。特にライティング専門のサイトを見てみると、月々の報酬支払額20万円以上という人も見かけたことがあります。しかし、この辺が、ウェブライターとしての限界なのかもしれません。

長期的に安定して収入を得るならブロガーという方法も

例えば、ネット上にあふれている情報からのリライトでなく、自分の体験したことから書き起こした完全オリジナルの作品を執筆できるという人や、取材をして自分の考えを主張したい、もっと自由に執筆を行いたいという人は、ウェブライターよりもブロガーとして生計を立てるのがおすすめです。

ライターとして少しコツをつかめるようになると、だんだんと欲が出てきます。ブロガーというのは、ブログを書いてそれで収益を上げる人たちのことです。ライターとして読者に評価される記事が書ける人なら、ブロガーとしてやっていくのも不可能ではありません。

ただし、記事が書ければ誰でもブログで収益をあげられるというものではありません。ブログを作るには、それなりの知識が必要ですし、収益を上げるまでには何か月もかかります。つまり最初の数か月から1年程度は収入ゼロを覚悟する必要がありますし、1年たっても稼げない人もいます。

私は、このようなブログを作りながら、その一方でライターとしても記事作成を請け負っています。いずれ、ブログだけで生計が立てられるようになれば、ライター稼業はやめてしまうかもしれません(笑)。でも、ライターとしての仕事も好きなので、やはりライターが向いているのかなとも思います。