スポンサーリンク

ウェブライターとして効率よく稼ぐ!仕事とクライアントの選び方のコツ

クラウドソーシングでウェブライターとして、やっていると、記事単価の低さに驚かされることがあります。もちろん、文字数にもよりますし、報酬単価が高くても、文章作成以外の作業が含まれているケースもあるので、慎重に仕事を選ぶ必要があります。

ウェブライターとして効率的に稼ぐための、仕事とクライアントの選び方についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クラウドソーシングの記事作成報酬単価

ウェブライターとして効率よく稼ぐ!仕事とクライアントの選び方のコツ

ウェブマーケティングの世界では、優秀なウェブライターは引っ張りだこです。しかし、一方で、クラウドソーシングの会社を通せば、ライターになるのは、そう難しくないことから、一般の主婦や学生の方まで、ウェブライティングをやってみようという人も多いです。

記事作成は、未経験者でもやりやすいので、初心者向けの仕事というのはたくさんありますが、単価はかなり低いものが多いです。

文章作成のお仕事だと、通常文字数が多ければ記事単価は高く設定されます。中には、1文字いくらで計算されるケースもあります。

一方で、記事作成というカテゴリーであっても、単に文章作成ではなく、画像選定やサイトへの投稿作業が含まれる案件もあります。これらのお仕事は、一見報酬単価が高く見えて、文章作成以外の作業に時間がかかるので、慣れていない人にとっては時給換算するとあまりおいしい仕事とはいえません。

ウェブライターとして効率よく稼ぐために

つまり、見た目の報酬単価と文字数で仕事を選ぶのは危険だという事です。特に、クラウドソーシングに登録している依頼者というのは、大手のメディアや企業から、個人でサイトを運営している人までピンキリです。

個人でやっている人の中には、本職の片手間に副業としてサイト運営をしている人もいれば、脱サラしたばかりの人など、いろいろな人がいます。その中には、人を雇ったこともない人もいれば、きちんとしたビジネスメールさえ書けない人もいるのです。

ウェブライターとして、安定して効率よく稼ぐためには、仕事もそうですが、クライアントも選ぶべきだと思います。

依頼者として、最低限の礼節をもったメールを書ける人でなくては、長くお付き合いしようとは思いませんよね。お互い気持ちよく仕事をするために、クライアントの選び方として気を付けたいのは次のようなことでしょう。

1.最低限のマナー

クラウドソーシングを通じて仕事をするということは、お互いのやり取りはメールが中心になります。こちらもそうですが、最低限の言葉使いやマナーをもって、メールをやり取りしたいですね。

また、あまりにもリスポンスが悪いクライアントの案件は引き受けない方が無難です。記事を納品しても、確認作業が遅かったり、最悪の場合、連絡が取れなくなることもあります。

2.報酬単価と内容を契約前に確認

メールやメッセージのやり取りの際に、必ず報酬金額と内容を確認しておきましょう。いったん契約してからも、途中で解約することは可能ですが、時間の無駄になってしまいます。

基本は、記事単価、記事の本数、納期、仕事の内容(文章作成以外の作業があるかどうか)、納品方法(ファイルタイプなど)です。

3.あまりメールが長すぎるクライアントも避けたい

先ほど、社会人としてのビジネスメールが書けないクライアントは避けたいといいましたが、逆に、あまりに世間話が多いメールというのも困りものです。

親近感を感じてくれるのはありがたいのですが、こちらはせっせと文字をタイプして、いくらかのお金を稼いでるので、メールやメッセージで無駄に世間話をタイプしたくないというのが本音です。

4.規則やマニュアルが多い仕事もイマイチ

これは、ライターさんによって、好みがわかれると思いますが、私は、あまりにも規則やマニュアルが多いお仕事は苦手です。

案件によっては、仕事に取り掛かる前に、何ページものマニュアルを読まなくてはいけないものがあります。そこには、記事の段落構成の方法とか、漢字とひらがなの使い分けとか、記事作成に関する細かい規則がびっしり書かれていたりします。

マニュアルを読み終わるだけでも時間を費やしますよね。しかも、こちらは、そのクライアント1件のみで仕事をするわけではないので、マニュアルがあるクライアントが複数いると、そのたびに規則を確認しなくてはいけなくなります。

マニュアルや規則を使いこなして、仕事を終えても、継続してまた依頼があるとは限らないので、私は、こういった案件はなるべく避けるようにしています。

5.修正依頼が多いクライアントはリピートしたくない

通常記事作成のお仕事は、納品してからクライアントの確認を待ちます。作成した記事で問題がなければ、完了となり、報酬が支払われることになります。しかし、ここで納品した記事が気に入ってもらえない場合、修正依頼が来ることがあります。

修正依頼と言っても、細かい誤字脱字(クライアントの方で編集してくれるケースが多い)だけの場合から、ほとんど全文書き直しのケースまでいろいろです。

一方で、ほとんど修正依頼のないクライアントもいます。効率よく稼ぐためには、修正依頼が少ないクライアントの方がいいに決まっています。

ただ、反対に記事を納品しても、完了のお知らせだけで何のフィードバックもないクライアントも、私は長くは続きません。時間をかけて作成した記事ですから、何かしらのフィードバックがほしいというのが正直なところです。

数をこなしていけば効率的な稼ぎ方が見えてくる

クラウドソーシングの良いところは、こちらも仕事を選べるということです。気にいらない依頼主の仕事は、依頼があっても断ることができます。

効率的に稼ぐということは、自分の作業効率を上げるということですので、決まったクライアントと長く付き合う方が、長期的に見て生産性が高くなります。

最初は、いろいろな依頼主と仕事を経験してみないと、自分に合うスタイルというのはわからないと思います。でも、数をこなしていくうちに、自分の作業スピードもあがりますし、自分にあった仕事をクライアントを見分ける方法がわかってきますよ。