スポンサーリンク

ライターの仕事に応募しても採用されない理由と対策法

クラウドソーシングのサイトに登録してウェブライターの仕事をしようというときに、ライティングの仕事に応募してもなかなか採用されないということもあります。特に、まだライターとして経験が少ない場合、単価の高い仕事に応募してもライバルが多く、採用されにくいものです。

そんな時に、どうやったら取りたい仕事に採用してもらえるのか、考えてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




ライター経験がないと採用されにくい

リライトって何?コピーとの違いとその作成方法

仕事に応募してもなかなか採用されないというとき、まず、ライター経験が少ないと採用されにくいです。

これは、どんな仕事にもいえることですが、面接も何もないクラウドソーシングですから、依頼主としても信用できる経験豊富なライターさんに依頼したいと思うのは、理解できますよね。

特に、報酬単価が高いものや条件の良い仕事は、セミプロに近いライターも多く応募しますので、経験の浅い人が採用されるチャンスは小さくなります。


まずは経験を積むことが大切

もし、あなたが駆け出しのライターなら、まずはライターとしての経験を積むことが大切です。

記事単価の低いものであれば、ライバルも少ないので採用される確率が高くなります。また、仕事の中には、募集要項に「未経験者歓迎」と書かれているものもありますので、これらを狙うのもおすすめ。


応募の際に記事サンプルを添付してみる

少しでもライターとして仕事をしているのなら、仕事に応募する際にサンプル記事として、今までに書いた記事ファイルを添付してみるというのも一つの方法です。クライアントは、それを参考にしてライティングスキルを知ることができますので、何もないよりはましです。

クライアントの好みや方針が分からないときには、雰囲気の異なる記事を数件添付するのもよいでしょう。


応募のメッセージの書き方にも注意

ウェブライターとして効率よく稼ぐにはクライアント選びが大切

さらに、応募のときのメッセージの書き方にも注意したいですね。応募メッセージに必要とされている項目があるなら、それを書き洩らすのは「応募要項に書かれたことを理解していない=文章理解能力に乏しい」と判断されてもおかしくありません。

また、応募メッセージの書き方も、日本語の文章能力を推し量る基準になります。誤字脱字が多かったり、ビジネスレターとして礼を欠くようなメッセージはそれだけで不採用になる原因です。


ウェブライティングコースを学ぶのもおすすめ

ヒューマンアカデミーでは、WEBライティング技能検定講座を開催しています。これらを利用して、検定資格を取得するというのも良い方法です。

資格を持っていれば、経験が少なくても条件の良い仕事で採用される可能性は高くなります。少し遠回りと感じるかもしれませんが、体系的にウェブライティングに必要なスキルを学ぶことができますし、資格を取得できればライターとして心強いツールになるでしょう。