スポンサーリンク

ウェブライターとして売ってもいい記事と売ってはいけない記事がある

ウェブライターというのは、記事を書いて他人に売る商売です。記事を書くためのライティングスキルや、記事作成のスピードに自信がある人におすすめのお仕事ですが、ライターとして他人に売らない方がいい記事というものもあります。

ウェブライターとして販売するべきでない記事というのは、どのような記事なのか、検証してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ウェブライターというのはクライアントのために記事を書く

ウェブライターとして売ってもいい記事と売ってはいけない記事がある

そもそも、ウェブライターというのは、ウェブ上のサイトやブログのコンテンツを代行して書くお仕事です。つまり、クライアントがいて初めて成り立つお仕事と言えるでしょう。

ウェブライターとして、記事を売る相手はクライアントになりますから、売る相手に満足してもらうことが大切になります。

ですから、クライアントの意向をくみ取って、必要とされる記事を作成しなくてはいけません。

つまり、独りよがりの自分勝手な記事作成は、ウェブライターとして販売できない記事ということになります。それでも、よほどウェブコンテンツとして価値があると思われたら買い取ってくれる人もいるでしょう。しかし、なかなか現実はそう簡単にことが運びません。

自分の書いた記事に価値を付けるべき

ウェブライターとして売ってもいい記事と売ってはいけない記事がある

また、ある程度自分のライティングスキルに自信がついて来たら、記事を安売りするべきではないと、私は思います。

私は、ウェブライターとして他人のために記事を書く一方で、自分でもブログを運営しています。ブログを少しでも運営していれば、どのような記事が人に多く読まれ、潜在的にどのくらいの広告報酬をもたらすかがわかってきます。

ですから、記事を他人に売る時には、その記事の価値に見合っていると納得できる報酬でなければ売りません。

ライター初心者である場合を除いて、記事を安く販売してしまうと、記事作成という業界においての報酬単価をどんどん下げてしまうことになります。これでは、優秀なライターさんが育ちにくい環境になってしまうでしょう。

安売りしてはいけない記事はこんな記事

ウェブライターとして売ってもいい記事と売ってはいけない記事がある

もちろん、クライアントのためにベストを尽くすのは、ライターとしての職責でもあります。記事作成に手を抜けと言っているのではありません。

一方で、だれでも多くの記事を書いていれば、とびぬけて良い記事というものが書けるときがあります。そのような記事は、長期的に見て価値が高いものになります。そのような記事がちょこちょこ書けるようになれば、ブロガーやアフィリエイターとして、自分で稼いでほしいなあと思うんです。

少なくとも、クライアントに安売りしてはいけない記事というのは、「他人には絶対に書けない記事」です。

それは、自分の貴重な体験が含まれている記事、引用や他サイトからの情報の寄せ集めだけでない記事です。知識の集約や、書き直し、表現を変えたり並べ替えただけの文章は誰にでも書けるものです。

しかし、あなたの貴重な体験に基づく記事は、あなたにしか書けません。もちろん、それなりの報酬をいただいて、しっかりとした記事を書くなら、それもよいでしょう。

ライターとしてある程度経験を重ねたら、記事の書きやすさや文字数だけでなく、記事コンテンツの価値についても、自分なりの基準をもって執筆活動を続けるべきだと思います。それが、後輩ライターの報酬価値を下げ過ぎないことにつながるのではないでしょうか。