スポンサーリンク

Webライターとして仕事をする際の「オリジナリティ」とは何を意味するのか?

Webライターの仕事に応募するとき、よく見かけるのは「オリジナリティのある記事を作成する」という仕事内容です。ライター案件の多くは、ウェブ上の情報を収集して記事にするというものが多いわけですが、それで本当に「オリジナリティのある記事」を作成することは可能なのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Webライターの仕事とは

ライター、コピペ禁止、オリジナル記事

Webライターというと難しく考えてしまう人もいますが、要するにウェブ上に公開するサイトやブログ記事を作成するというものです。ライターというと、少し前までは雑誌や新聞などの媒体しかありませんでした。しかし最近はインターネットの普及で、Web上の記事作成ができるライターさんの募集が増加しています。

ウェブライターの募集案件でよく見かける仕事の内容は、インターネットで収集できる情報をもとにして記事に書き起こすというものです。いわゆるまとめ記事というと分かりやすいでしょうか。キュレーションサイトの記事作成案件でもよくこんな言い方をされますね。

オリジナリティとは一体何か?

例えば応募要項にこんな風に書かれていることがあります。

インターネットを検索して得られた情報をもとにして記事を作成していただくお仕事です。オリジナリティにあふれる記事を書けるライターさん、歓迎!

オリジナリティとは、独創性とか、唯一性という風に解釈されますが、ネット上の記事をいろいろ読んで書くた記事が果たしてオリジナルだと言えるのでしょうか。

書き方や切り口次第でオリジナル記事は書ける

結論からいうと、そのライターさんの切り口や書き方で、オリジナルな記事を作成することは可能です。たとえばネット上に専門者向けの記事しかない情報を、いろいろ集めて専門外の一般人向けに書けばそれだけでオリジナルな記事になるはずです。専門家向けの用語と一般人向けの用語では、言い回しやボキャブラリーも異なってくるはずですよね。

また、ネット上にバラバラに存在しているレシピ記事をピックアップして「血糖値が気になる人におすすめなレシピ」として紹介すれば、それもオリジナルな記事になるはずです。

コピペ≠オリジナル記事という場合も

また、クライアントによっては、単に「コピペでない=オリジナル記事」という意味で「オリジナリティ」という言葉を使っている人もいます。記事代行を依頼するクライアントは、著作権問題に関連してコピペ記事を嫌うので、そのような言い方をしてオリジナルな記事が書けるライターさんを探しているのですね。

このように、一見矛盾しているように見える応募要項ですが、実は取り掛かってみると容易な案件だと言えます。ネット上にある情報を自分の言葉でまとめるだけなんですから、慣れれば時間もそれほどかからなくなります。

そんな応募要項を目の前にして、応募を迷っているなら、ぜひ思い切って挑戦してみてください。