スポンサーリンク

Webライターってどんな仕事?ウェブライターになる方法

自宅でできる副業として、最近人気の仕事がウェブライターです。ウェブライターというのはどんな仕事で、どうすればウェブライターになれるのか、まとめてみました。これから、ウェブライターを目指したい人の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Webライターとはどんな仕事?

Webライターってどんな仕事?ウェブライターになる方法

最近は、スマホなどの普及によりネットサーフィンする人も増えましたよね。ウェブライターというのは、ネット上のコンテンツのために記事を作成するお仕事です。

メインの仕事は執筆ということになりますが、仕事の案件によっては単に記事を書くだけでなく、画像を選んだり、サイトに投稿したりといった作業が要求される仕事もあります。

Webライターへの道

Webライターになるために特に資格などは必要ありません。文章が書ければ、だれでもできる仕事なので、主婦の副業としても人気の高い副業です。

ウェブライターの仕事をとるためには、クラウドソーシングの会社に登録しておくのが効率的です。クラウドソーシングというのは、ネットを介して広く人材を募集するシステムです。プロの人材を募集している案件もありますが、未経験者歓迎というお仕事もあるので、だれでも応募することが可能です。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングの会社へは、無料で登録できます。仕事に応募するのも費用はかかりません。実際に仕事を終えて、報酬を受け取る際に、手数料として15~30%差し引かれる会社が多いです。

このときの仲介手数料は、会社によって異なります。また、報酬の支払いも、現金が口座に振り込まれるケースと、ポイントとして累積されるケースがあります。ポイントの場合は、そのままネットショッピングとして利用できたり、現金に換金することもできます。

仕事に応募する

仕事に応募する方法は、クラウドソーシングの会社により異なります。クライアントと相談して、双方が同意して初めて仕事開始になるケースが、いきなり記事を書いて、それが条件を満たしていればそのまま報酬になるというケースもあります。

私の経験上、クライアントが募集している案件に応募して、取った仕事の方が報酬は高くなることが多いです。ただし、条件の良い案件は、その分競争も激しくなるので、応募してもすぐ採用されるとは限りません。

記事を作成する

仕事が取れたら、記事を作成します。案件によっては、単にテキスト(文章)を作成するだけでなく、画像を選定したり、ネットへの投稿を含んだ仕事もあります。

こういった「執筆」以外の要素を含んだ案件は、普通は、文章だけの仕事よりも報酬が高くなります。しかし、その分時間がかかるので、自分の作業スピードや得意不得意でどの案件が自分にとって一番効率的かを見極める必要があります。

記事を納品して報酬を受け取る

与えられた仕事をクリアできたら、それを納品して、完了となります。納品した成果物が、クライアントの意向と合わない場合は、修正依頼が来ることもあります。

クライアントが納得すれば、そこで案件は完了となり、報酬の支払いが行われます。クラウドソーシングの会社を通しての依頼であれば、その会社によって、報酬の口座振り込み日時が決められています。また最低支払金額も決まっているので、それに足らない部分は翌月に持ち越しとなります。

まずは登録から

ウェブライターとしてお仕事をする流れは、以上のような感じです。もちろん、スキルを積めば、独立して直接クライアントからの依頼を受けることもできるでしょう。

とりあえず、これからウェブライターを目指す人は、まずクラウドソーシングに登録しておくことからはじめましょう。

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

急募! 主婦!学生!誰でもOK!ブログで稼ぐなら ブログルポ

簡単な文章作成でお小遣い稼ぎ!Shinobiライティング無料登録

文字単価1円以上!高単価の在宅ライターサービス「サグーライティングプラチナ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク