スポンサーリンク

ライターとして効率よく稼ぐには、きちんと休みを取ることも仕事のうち

ウェブライターという仕事をやっている人は、ネットで仕事のやり取りをしている人が多いと思います。つまり、ネット接続とパソコンがあれば、いつでもどこでも作業ができるわけですよね。

そうなってくると、ついつい陥ってしまうのが「過労」です。

週休2日とか3日とか、日本でも話題になっていますが、ライターだって最低限週休1日は欲しいものです。そうしないと、かえって記事の質が下がることも。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




自分の体調管理も仕事のうち

ライターの休日

どんな仕事でもそうですが、ぶっ続けの作業は集中力の低下を招き、かえって作業効率が下がってしまうことになります。

特に、フリーランスやクラウドソーシングでライターをしている場合、自分の作業時間を自分でコントロールできるというメリットがある反面、自分できちんとお休みをとらないと働きすぎるという危険性もあります。

また、フリーランスの場合、どうしても出来高制になりますので、仕事をしないとお金にならないというのも本音ですよね。ですから、たくさん稼ごうと思うと、無理をしてでも作業をしてしまう、という気持ちもわかります。

しかし、ダラダラと作業すればするほど、効率は低下し生産性も下がる、記事の品質が悪くなるので、クライアントが満足しなかったり修正依頼が来てさらに生産性が落ちる、という悪循環になってしまいます。

体調管理、時間管理も仕事の内と割り切ることが大切になってきます。


週に1日は仕事をしない日を作る

週休3日とは言いませんが、週に1日は休暇をとりましょう。「今日は仕事をしない日」というのを決めて、パソコンは開かない、スマホでメールチェックもしない!と決めてしまうんです。

自宅で作業をしている人にとっては、自宅にいて仕事のことを忘れるのは困難かもしれません。そんな場合は、ちょっと外出したり友人を家に招いたり、近くのカフェや図書館で過ごしたり…、と工夫してみてください。

そうやって、気分転換をしているときに、新しい記事のネタが浮かんだり、書きかけの記事の文章構成を思いついたりするものです。


スケジュール帳などで時間管理を徹底する

とはいえ、ライターの仕事には〆切がつきものです。休日をとるにしても、常に〆切管理をしておく必要があります。

特に並行して何本も仕事を請け負っている時には、スケジュール表やアプリなどを利用してきちんと〆切管理をしておきましょう。そのうえで自分の休日をアレンジすることが大切ですね。

締め切りに間に合わない!ライターとしての〆切管理の方法