スポンサーリンク

文字数と記事単価について-文字数の多い案件はやりやすいのか?

ウェブライティングの仕事は、文字数によって報酬単価が異なります。一般的には、文字数が多い方が、記事単価は高くなります。しかし、文字数と報酬単価が比例するかというとそうでもありません。

一方で、作業時間という観点からは、文字数の多い記事を1本仕上げる方が、文字数の少ない記事を複数書くよりも時間短縮になることが多いです。

とはいえ、一概に文字数の多い案件の方がやりやすいとは言えません。今回は、文字数と報酬単価の関連性から、どちらの案件が得かというお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




文字数は報酬単価と比例しない

文字数と記事単価について-文字数の多い案件はやりやすいのか?

記事作成にはなんとなく相場というものがあります。記事作成の依頼をするクライアントには、いろいろな人がいるので、その価格設定もアバウトな人もいれば、会社としてきちんと決められた単価がある場合もあります。

一般的に、ライターの報酬は一文字当たりの単価で決まるものですが、クラウドソーシングで請け負う仕事に関してはそうとも言い切れません。

たとえば、未経験でもOKという案件で多いのが、1000文字の記事作成で単価300円くらいのものが多いです。これが、2000文字となると600円になるかというと、そうではありません。

文字数が多いものの方が書きやすいのか

ライターとして、経験を重ねていくと、自分の書きやすい文字数というのが決まってきます。おおよそ、ネット検索して情報を集めるときに、1ページ当たりの文字数は1200~1800文字程度のものが多いです。ですから、1000~1500文字くらいのボリュームのものというのは、比較的書きやすいです。

しかし、1000文字の記事を引き延ばして1500文字にすることは、慣れてくればそう難しくありません。

そうなると、1000文字300円の案件よりも、文字単価は下がっても2000文字500円の案件の方が効率的かなとも思います。2000文字の記事1本書くほうが、1000文字の記事2本書くよりも、作業時間は短くてすむからです。

記事作成単価の相場ってどのくらい?報酬の計算方法

文字数が多いものは稼ぎやすい?

結局、文字数が少ない依頼を数多くこなす方が稼げるのか、文字数の多い案件を受けるのが稼ぎやすいのかという問題です。

正直言って、これはライターによると思います。ランナーでも、短距離が得意な人と長距離が得意な人に分かれますよね。短い記事を数多くこなすのが得意な人もいれば、じっくり調べ物をして長文を書き上げるのが好きという人もいるでしょう。

私の感覚的には、1000から1200文字の記事が一番書きやすいです。2000文字を超えると、なかなか内容を膨らませるのが難しくなります。

1000文字程度であれば、どんな内容でも文字を埋めることができますが、2000文字を超えると、記事のテーマやタイトルによってはそこまでの内容がないというものもあります。それでも、仕事を引き受けた限りは、文字数を埋めるよう努力します。それを、クライアントに気に入ってもらえるかどうかは別問題です。

クライアントの中には、ライターの仕事に関して理解が少ない人もいます。とても2000文字も書けないような内容で、2000文字書けと言ってくる人もいます。初心者の場合、その見極めはできないでしょうから、これは経験を積むしかありません。

こればっかりは、自分で経験を積むしかありません。慣れてくれば、「このテーマで○○文字は余裕で書ける」と分かってきます。一つのお仕事に対して、やりやすいかやりにくいというのは、自分が「これなら書けそう」と思えるかどうかということでしょう。