スポンサーリンク

リライトって何?コピーとの違いとその作成方法

ウェブライターの仕事を眺めていると、「リライト」という言葉が目につきます。これは、ポジティブにもネガティブにも使われていますが、リライトって何?と疑問に思っている方も多いでしょう。ここでは、初心者ライターの方にわかりやすいように、リライトについて説明してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




リライトは記事作成の一つの手法

リライトって何?コピーとの違いとその作成方法

クラウドソーシングで記事作成の応募要項を眺めていると、「簡単なリライトは禁止」とか「リライトするだけのお仕事」といった風に「リライト」という言葉を目にします。

リライトというのを日本語で説明すると、「書き直し」ということになるでしょうか。

つまり、オリジナルの原稿を言葉を言い換えたり、構成を変えたりしながら、あらたに記事を書き起こす作業で、原文と言っていることは同じ内容でも、表現としてはオリジナルの記事を作成することが目的となります。

リライトを行うときの注意

リライトを行うとき、もとのオリジナル原稿をクライアントから指定されることもあれば、自分でネット検索して探すこともあります。

リライトで注意したいのは、内容的には同じことを言っているのに、見た目の表現はオリジナルの記事として書き上げなくてはいけないということです。

つまり、元の原稿をそのままコピーしたものでは、リライトになりません。元の原稿といかに違って見せられるかがライターの腕の見せ所となります。

リライトの方法

リライトの具体的な方法は、元の原稿が提示されていない場合は、その記事ネタを探すところからはじめます。

ネット検索でキーワードを入力し、元となる記事を検索します。リライトでできるだけオリジナルのものを作成したいときには、この元となる原稿が複数ある方がやりやすいです。複数の原稿を組み合わせて、一つの記事としてまとめ上げるという作業になります。

元となる原稿を見つけたら、それをよく読み、まず構成を変えられるか考えましょう。

リライトを行う際に、構成を変えることは、オリジナルに見せる効果が高くなります。例えば、元の原稿が、「原因→症状→対策」となっていたら、「症状→原因→予防方法」と構成しなおすといった感じです。

次に、言葉を言い換えながら記事を作成していきます。文章の中でも順番を入れ替えたり、言葉をなるべく言い換えたりして、元の原稿とは似ても似つかないものに仕上げます。

最後にざっと読み直して、誤字脱字をチェックします。これでリライトは完成です。

コピペは禁止

リライトを行うときに、コピペは禁止です。これはウェブライターとして、一番やってはいけないことで、リライトであってもなくても、コピペは絶対にしないでくださいね。

ネットに流れている記事や書籍など、他人が書いたものををそのまま自分の記事としてコピーすることは、著作権違反になります。これは、重大な犯罪ですので、ライターとして致命傷となります。

「簡単なリライトは禁止」とはどういうこと?

では、お仕事の案件でよく見かける「簡単なリライトは禁止」というのは、どういうことでしょうか。

ここで注意したいのは、「リライト」が禁止ではないことです。「簡単なリライト」というのは、元の原稿との違いがあまり感じられないくらい「出来の悪いリライト」という解釈ができます。

または、クライアントの意向として、「ネット上の記事を参考にして記事作成するのはいいけど、自分のオリジナルな部分も挿入してね」ということではないでしょうか。

書き上げた原稿を、「簡単なリライト」として採用しないかどうかは、そのクライアント次第です。これは、記事作成の経験を積み、そのクライアントになれることで、徐々にやりやすくなるポイントでしょう。