Webライターのひとりごと

知識ゼロからウェブライターになる方法、効率よく稼ぐコツ、副業から本業への道

読書をすることはライティングスキル向上に役立つか

      2016/08/17

記事作成や執筆という行為は、表現力が重要と思われがちですが、ウェブライティングにおいてはそうとも限りません。こういったライター(作家)の政界では、読書をすることでライティングスキルの向上に役立つといわれたりしますが、それはウェブライティングにおいても同じでしょうか。

書籍とウェブライティングの相違

読書をすることはライティングスキル向上に役立つか

まず、書籍とウェブ上の文章のライティングは異なるということを理解しておきましょう。

これは以前、別の記事にも書きましたので、興味がある人は読んでください。

書籍執筆とウェブライティングの違いー同じ書き方ではダメ

書籍のライターに求められるスキルと、ウェブライターに求められるスキルは必ずしも一致しません。大雑把に言えば、ウェブライターの方が、ハードルが低く、その代り報酬単価も低いです。

書籍の文章とウェブ上の文章

「読書」というと「本を読む」ということですが、書籍の中の表現はかえって豊かすぎて、ウェブライティングには向かないこともあります。また、ウェブライティングには、簡潔で分かりやすい文章が必要とされますので、書籍のようにあらかじめ本1冊を読み切ることを想定して文章を書くということができません。

つまり、読書家だからといって、そのまま本を読むことで得た表現や構成方法が、そのままウェブライティングに応用できるわけではないんです。

読書をすることはライティングスキル向上に有効か

では、読書をすることは、ウェブライティングにおいて何もメリットをもたらさないのかというと、そうではありません。

一般的に、書籍の文章の方がウェブ上の記事の表現よりも洗練されていて、オリジナリティーがあります。残念ながら、ウェブ上の文章に「豊かな表現力」というのは必要とされていなくて、むしろユニークな表現というのはどちらかというとNGになることもあります。

しかし、読書から得たボキャブラリは、いつかどこかで役に立つものだと、私は考えています。特に、オリジナル文章を作るときに、自分のボキャブラリが豊富だということは財産となります。

ですから、読書をすることは、ウェブライティングでのスキル向上にまったく無駄ではありません。また、情報量という面から言っても、書籍の方が優れていて信頼性が高いものが多いです。

長い目でウェブライティングのスキルアップをするために、時間がゆるす限り、読書は行いたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 記事作成の方法 , , , ,