スポンサーリンク

Webライティングのコツ-キーワードから記事作成する方法

ウェブライターとして仕事を請け負うときに、よく「指定キーワードを使った記事作成」というような案件を見かけますよね。これは、SEO効果を狙ったものですが、キーワードから記事作成するときにはどのような方法が効率的でしょうか。まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




キーワードとSEO

Webライティングのコツ-キーワードから記事作成する方法

記事作成の依頼で「キーワードを盛り込んだ記事作成」といった案件は、ほとんどの場合SEO効果を狙っています。SEO対策については以下の記事に書いていますので、読んでみてください。

SEO対策用のキーワードってどういうこと?

SEO対策としてキーワードを盛り込んだ記事作成の方法は、次のようなことに気を付けます。

キーワードを盛り込む目安

キーワードを記事中に盛り込む場合、私の経験上、その目安は1000文字当たり3~5個が適当だと思います。ただし、これは依頼主によって好みがわかれるので、どのくらいのボリュームでキーワードを含めるべきか依頼主に確認してください。

また、キーワードはタイトルにも盛り込みます。タイトルに含める場合、キーワードはできるだけ1回だけ使うようにします(これもクライアントによって意見が異なります)。

キーワードは基本的に改変しない

この手の依頼の場合、複数のキーワードを与えられることが多いです。その場合は、キーワードごとにスペースや「,」で区切られて提示されると思いますが、基本的にクライアントから提示されたキーワードは、改変しないで使います。

例えば「女性の薄毛対策」というキーワードであれば、「女性」「薄毛対策」と分割しないで「女性の薄毛対策」を一塊とします。

ひらがなやカタカナも同様に対応するのが無難です。クライアントによっては「口コミ」と書く人と「クチコミ」と書く人がいますが、そのクライアントの表記そのまま使用する方がトラブルが少ないと思います。

不自然な文章にならないように

いくらキーワードがきちんと含まれていても、不自然な文章になってはいけません。ここが、ライターとしての腕の見せ所ですが、キーワードを適量含めながら自然な文章を作るように心がけます。

例えば「ウェブで稼ぐ」といったふうに動詞がキーワードに含まれているとやっかいです。それでもできるだけ「ウェブで稼ごうとして」とか「ウェブでは稼げない」といった風に動詞活用しないで、「ウェブで稼ぐ」とまとまりで使用する方が喜ばれる可能性が高いです。

キーワードから記事作成する方法

Webライティングのコツ-キーワードから記事作成する方法

複数のキーワードから記事を作成する場合、まず与えられたキーワードを検索エンジンで検索します。ヒットしてくる記事にざっと目を通してみましょう。このとき、必ず一つの記事だけ読むのではなく複数の記事を読むようにします。無意識のうちにコピペを作成してしまわないようにするためです。

複数の記事を読めば、なんとなくどんな内容の記事を書けばいいのかつかめてくるはずです。だいたいの記事構成が決まったら、キーワードを自然に含めるようにしながら記事を書いていきます。

最後に自分の書いた記事を読み返し、キーワードが要求されているボリュームで挿入されているか確認しましょう。必要ならタイトル付けを行います。

これで、キーワードからの記事作成は完了です。