スポンサーリンク

SEO対策に対応した記事やコンテンツを作成できるライターになる方法

ウェブコンテンツやブログ記事作成を請け負うライターにとって、「SEO対策」というのは知らん顔できるものではありません。SEOに対応した記事が書けるライターは、それだけでも高く評価されます。

SEO対策に対応した記事作成というのはどういったものなのか、SEO対策用の記事やコンテンツを作成できるライターになる方法を考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




SEO対策用記事が書けるという強み

SEO対策に対応した記事やコンテンツを作成できるライターになる方法

SEOというのは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

GoogleやYahooなどの検索エンジンにおいて、自分の記事が検索上位に表示されるためのテクニックのことを指しています。検索上位に表示されるということはそれだけ読者の流入が見込めるということですので、ウェブマーケティングでは非常に大きな意味を持ちます。

ウェブライティングとして記事を依頼してくるクライアントは、自分のサイトに多くの人を集客することを目的として記事を外注する人が多いので、SEOに対応できるライターさんはそれだけで高く評価されます。

SEOという言葉が分からなくてもかまいませんが、SEOとしてもっとも大切な「キーワードを盛り込んだ良質の記事を作成」できるスキルを身につけることは、プロライターへの一歩でもあります。

SEOに対応した記事を書くにはどうすればいい?

では、具体的にSEOに対応した記事を書けるようになるにはどうすればいいのでしょうか。

「SEO」というと難しく聞こえるかもしれませんが、要するに大切なことは次の3つに集約されると思います。

  • クライアントの要求するキーワードを自然に記事に含める
  • わかりやすい記事を書く
  • 読者にとって価値のある記事を書く

クライアントの要求するキーワードを自然に記事に含める

私たちライターは、クライアントの意向に従って記事を作成するのが職責です。ですから、クライアントがキーワードを記事中に10個含めてほしいといわれればそのように作成しなくてはいけません。

しかし、SEOという観点からいうと、不自然にキーワードを詰め込み過ぎた記事は、検索エンジンの評価を下げてしまうことがあります。ですから、クライアントから特に要求がない場合は、適当なボリュームでキーワードを盛り込むことが大切です。

ただし、クライアントから提示されるキーワードを類義語に置き換えたりするのはよくありません。SEO対策用キーワードに関しては以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてください。

SEO対策用のキーワードってどういうこと?

Webライティングのコツ-キーワードから記事作成する方法

わかりやすい記事を書く

ウェブライティングに独創的な表現や芸術的な描写は必要ありません。

ユニークすぎる表現はウェブライティングで嫌われる理由

読者は読みやすくわかりやすい記事を求めています。検索エンジンからやってくるユーザーは、情報を手に入れるためにサイトを訪れるのであって、文学鑑賞をしたいわけではありませんよね。

ですから、スッキリわかりやすい文章、万人に読みやすい記事が好まれます。こちらの記事も参考になるかもしれません。

書籍執筆とウェブライティングの違いー同じ書き方ではダメ

読者にとって価値のある記事を書く

キーワードで検索してサイトを訪れる読者は、何らかの問題を抱えていて、それを解決したいと思っています。ですから、それにこたえるような記事を書かなくては意味がありません。

読者がその記事を読んで、「ためになった」「役に立った」「読んでよかった」と思ってもらえるような記事を作成することが大切です。

良質な記事を書けるライターは引っ張りだこ!ウェブライターの世界

他にも細かなテクニックはあるが…

SEOに関しては、他にも細かなテクニックがあります。しかし、ライターとしてそこまで意識する必要はないのかなとも思います。それに、検索エンジンのサイト評価の基準も変更されることがあるので、小手先の方法は将来通用しなくなるでしょう。

ただし、「読みやすさ」という観点からは、次の記事も参考になるかもしれません。スマホユーザーをターゲットとする記事作成で気を付けたいことを書いています。

スマホユーザーをターゲット読者とするウェブライティングに必要なものとは何か