Webライターのひとりごと

知識ゼロからウェブライターになる方法、効率よく稼ぐコツ、副業から本業への道

スマホユーザーをターゲット読者とするウェブライティングに必要なものとは何か

      2016/08/25

最近は、ネットサーフィンをするときにスマホから検索するという人が増加しています。それにともなって、ウェブライティングでも、スマホユーザーのことを考慮したライティングというものが必要となってきています。

スマホユーザーをターゲットとするウェブライティングに必要なものとは何でしょうか。まとめてみました。

スマホユーザーが大部分を占めるようになる時代

スマホユーザーをターゲット読者とするウェブライティングに必要なものとは何か

現在、すでにスマホでネット記事を読むという人が半分を上回るサイトもあります。スマホの普及はさらに加速することが予想されますので、今後はどんどんスマホユーザーがターゲット読者として大きな割合を占めるようになるでしょう。

スマホとパソコンでは、記事を見る環境も状況も異なります。心理状態も変わってくるかもしれません。ですから、スマホユーザーを意識した記事作成を求められる依頼もあります。

スマホで読みやすい文章とは

スマホユーザーを意識したライティングというのは、まずスマホで読みやすい文章を書くということです。

1.見出しタイトルは長すぎないように

スマホを持っている人ならわかると思いますが、第一にスマホは画面が小さいですよね。画面の幅が狭くなりますので、あまりに長い見出しタイトルは2行、3行になることもあり、見苦しくなります。

2.長すぎない文(センテンス)

また、一つの文が長くなりすぎると、スマホで読むのはつらくなります。スマホユーザーというのは、隙間時間に記事を読むこともあり、斜め読みする人も多いです。

そんなとき、あまりにくどくどの長い文が多いと、何か言いたいのか分からない読みにくい文章になってしまいます。

3.適度な改行

改行が多めな方がスマホで読みやすくなると言えます。スマホで表示される段落は、幅が狭い文縦長になります。スマホの画面いっぱい文字で埋め尽くされていると、一目見て読む気がしなくなることもありますよね。ですから、適度に改行することでスマホでも文字密度を低くすることが可能です。

ただし、あまりに短いテンポで改行しすぎると、今後はパソコンで見たときに余白が大きくなりすぎるので注意が必要です。

4.適度に画像をはさむ

スマホで読む場合、PCに比べて目の疲労度が高くなります。ですから、文章中に適度に画像をはさむことで、休憩してもらうことができます。パッと見た目にも、画像が含まれている記事の方が、読みたくなるというものです。

5.記事全体の文字数について

他人から依頼を受けて記事を作成する場合、文字数が決まっていることが多いので、ウェブライターとして記事全体の文字数を考える必要はありません。しかし、自分のブログに記事を書いたりするときには、文字数も意識したいものです。

スマホで読む場合、文字数が多すぎるのもつらいものです。ひたすらスクロールしなくてはいけない、長ったらしい記事はどんなものかなと思います。ただ、一方で、ユーザーはクリックしたくないものだという意見の人もいますので、的確な文字数に関してはいまだ研究中です。

スマホ画面を想像しながら書く

以上が、私がウェブライティングを行うときに気を付けている、スマホユーザーのための記事作成方法でした。

もちろん、これは依頼主によって、こうしてほしいという要求があるので、その場合はそちらを優先しましょう。

大切なことは、自分の記事が読まれている場面を想像しながら書くということです。スマホ画面でどんな風に見えるか考えながら執筆することが原点だと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ウェブライティングのコツ , , , ,