記事作成の種類、ブログ記事、サイト用コンテンツ、説明文、コラム…って何が違うの?

ウェブライターの仕事をしていると、依頼主やその目的によって、さまざまな記事作成の案件があります。一口に記事作成といっても、ブログ記事であったりサイト用コンテンツ、説明文、コラム、レビューや口コミ記事など、いろいろなスタイルがあります。

ライター初心者のうちは、どのタイプの記事にどのようなことが要求されるのかわからないものです。私も駆け出しのころは違いがよく分からなかったものです。

今回は、記事作成の種類とその特長、執筆にあたって気をつけたいことを書いておきます。

スポンサーリンク

最終的には依頼主次第

記事作成の種類、ブログ記事、サイト用コンテンツ、説明文、コラム…って何が違うの?

ライターの仕事をいくつか経験すると、記事作成にもいくつかの種類があり、それによって要求される書き方やスタイルが異なることに気づきます。例えばブログ記事とサイト用コンテンツでは書き方が異なるわけですが、その定義はあいまいで、最終的には依頼主次第だと思ってください。

ここでは、おおよその傾向として、ライティングスタイルの違いについて書いておきますので、あくまで参考程度にしてくださいね。

ブログ用記事とサイト用コンテンツ

ブログというのはネット上で公開する日記のようなものです。最近はブログの定義も広くなったようで、一見情報サイトやウェブマガジンのようなブログもあります。

基本的には個人が書いているものという前提ですので、ブログ記事は自分の意見や感想を盛り込むのが普通です。

一方、サイト用コンテンツは、企業や団体のウェブサイト用の記事であることが多く、内容的にはあまり「書いている人」を強調しないことが多いです。しかし、中にはライターのペンネームやポロフィールが掲載されているものもあり、その場合h「著者」として自分の意見や感想、体験を盛り込むこともあります。

依頼者によって微妙な違いはありますが、おおざっぱに言うとブログは日記、サイトは辞書的なものなので、ブログ記事は主観的、サイト用コンテンツは客観的に書くほうが無難です。顔文字なども、サイト用コンテンツでは嫌われる傾向が強いです。

説明文とコラム

説明文というのは、自分の意見や感想を一切加えず客観的事実のみを述べるものです。ですから、「と思います」「のようです」といった、気持ちを表す言葉や伝聞・推測表現は使用しないのが基本です。

「です・ます」もしくは「だ・である」調で断言するスタイルが中心となります。

一方、コラムというのは、よく新聞などに見る「社説」や「評論」に近いものになります。例えば新聞のニュースは、客観的事実を述べていますが、社説は書く人の意見としての結論を導きますね。つまり、コラムも起こった事件や集めた情報をもとに自分の意見を加えて何らかの結論を導き出すものと考えます。

また、コラムでは、読者に向かって語りかけるような表現をすることがあります(~ですよね、など)が、説明文ではそのような表現はしないのが基本です。

ちなみに、似たようなものに「エッセイ」がありますが、コラムは最終的にある結論付けを行う(もしくは暗示する)のに対して、エッセイは必ずしも何らかの結論が用意されているものではありません。エッセイには、ただ思ったことをつらつらと書き記したものという感じのものが多いでしょう。

クライアントの意向が第一優先

以上、いろいろなライティングスタイル別の書き方についてまとめてみました。しかし、冒頭でもいいましたが、最終的にはクライアント次第ということになります。クライアントの中には、ブログとサイトの区別もよくわからない人も、まれにいるものです。

かといって、あまり「コラム用の記事ですか、サイト用コンテンツですか」としつこく聞くのも、クライアントにしてみれば「うざい」と思われるかもしれません。

「ブログ記事だからこう」と決めつけてしまわないで、その依頼者にあわせて臨機応変に柔軟に対応するようにしましょう。