ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

ライターでもブログを作るべき4つの理由

仕事効率化

私の読者の中には、ライターの方もいらっしゃいます。

ライターというお仕事は、最近はクラウドソーシングを利用すれば誰でも容易に始めることができます。でも簡単に始められるということは、競争も激しくなるわけで、記事単価が高い、よい案件の競争率はとても高くなりますよね。

稼げるライターになるためには、自分をブランディングすることが役立つかもしれません。そのために活用できるのがブログというわけです。

では、ライターとしてブログを運営することにどのようなメリットがあるのでしょうか?

1.ライティングスキルをアピールできる

ブログを持っていると、それがどんなジャンルのブログであっても、自分のライティングスキルを依頼者に提示できます。

ライターの仕事に応募すると、テストライティングがあったり、以前の成果物を示すことがあります。新規の依頼者の場合、自分にどんなスキルがあるかを示す必要があるためです。

通常は以前執筆した記事のurlを教えたり、ファイルを添付するわけですが、複数本あるとけっこう面倒だったりするんですよね。そんなときに、自分のブログで記事を読んでもらったり、ブログの1ページにurlをまとめておくと、時間短縮になります。

さらにブログであれば、自分のプロフィールや実績も詳しく記述しておくことができます。

2.ネット関連知識やブログ運営の経験が評価される

またブログをやっているということで、ブログ運営やネットに関してまるっきり素人ではないこともアピールできますよね。

ブログやSEOに関してちゃんと勉強していることも相手に伝わるでしょうから、ライターとしての評価が高くなります。

3.信頼度が上がる

ライティングを依頼する方もできれば信頼できる人に頼みたいと思っています。

責任をもって仕事をこなしてくれる人、コピペ原稿を納品しない人…。ブログを運営していて、しかもある程度の期間継続できている人は信頼度がグッと上がり、依頼者に安心感を与えてくれます。

4.ブログを介して仕事の依頼が来る

さらにはブログを読んだ人からの依頼が入ることもあります。

クラウドソーシングのサイトによっては、自分のプロフィールへのリンクをブログに埋め込むことも可能です。そうすれば、ライティング依頼の集客ルートを広げることができます。

 

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

仕事効率化
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント