ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには

クラウドワークス

ひとことで文章作成といっても、内容によって記事単価はさまざまです。でも、どうせやるなら少しでも多く稼ぎたいと思うのは、みなさん同じだと思います。

クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには、どうすればいいのでしょうか。

記事単価の違いはスキルの違い

単価が高いお仕事がしたい!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。単価が高いお仕事にはそれなりのスキルが求められます。まだ経験が少ないうちに、無理して背伸びして手を出すのはおすすめできません。

慣れないうちは、記事単価はあまり気にしないで、まずはご自分の能力に見合った「確実にできる」お仕事をひとつひとつ丁寧にこなしていき、実績を作っていきましょう。ご自分が持っている能力を最大限に発揮して、質の良い記事を納品するよう心がけることが大事です。

まずは実績を積むことが早道!

お仕事の実績や評価・タスク形式での作業承認率など、あなたの実績はすべて、ご自分の「公開ページ」に記載されます。この公開ページは、誰でも閲覧することができるようになっています。

応募から契約・報酬の受け取りまで、すべてオンライン上で完結させるクラウドワークスでは、実績・評価がとても重要な意味を持ちます。

公開ページは、クライアントにアピールするための重要なツールとして活用しましょう!

公開ページ=履歴書だと思って、プロフィールを充実するよう意識してくださいね。

経験を積んでキャリアップしよう!

お仕事の経験値がアップしていくと、選択肢も広がります。自信を持って、記事単価の高いお仕事を自然と選べるようになっていきます。

また、継続的にお仕事を依頼してくれるクライアントがいる場合は、あなたが今後スキルアップしていくことで評価され、記事単価も変わってくるかもしれません。

 

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

クラウドワークス
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント