ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

クラウドワークスの使い方~無料会員登録から仕事受注まで

クラウドワークス

在宅でカンタンな文章を書くだけでも、小遣い稼ぎができる、クラウドワークス。登録は無料なので、登録だけでもしておけば、自分の得意な仕事を見つけることができるかも。

クラウドワークスの無料会員登録から、仕事を請け負うまでの流れを説明します。

クラウドワークスの無料登録方法

1.クラウドワークスのサイトにアクセスしよう

まず、クラウドワークスの公式サイトへアクセスしましょう。

2.メール登録をする

「無料で利用を開始する」をクリック⇒クラウドワークスで使用するあなたのメールアドレスを入力します。

確認メールのURLから必要項目入力へ

登録後、クラウドワークスから届くメールに記載されているURLをクリックして、必要事項を入力していき会員登録を行います。

とっても簡単です!

クラウドワークスで仕事に応募してみよう

プロジェクト形式(固定報酬制)の場合で、説明しますね。

1.マイページで「仕事を探す」クリック

マイページ画面にある「仕事を探す」をクリックして、まずはどういったお仕事の募集があるのかチェックしてみましょう。

お仕事はカテゴリーごとに細かく分類されています。24時間、新しいお仕事が次々と掲載されていきますので、毎日新着情報をチェックする習慣をつけると良いですね。

2.気になった仕事に応募しよう!

ご自分のスキルに合った条件のお仕事が見つかったら、実際に応募してみましょう。

募集ページにあるオレンジの「応募する」ボタンを押して⇒メッセージ欄にクライアントへのメッセージを入力します。

自己紹介・金額や納期の希望・興味を持った理由・スキルや意気込みなど。自分らしさが伝わるように、またクライアントに興味を持ってもらえるようなメッセージ内容にしましょう。

誤字脱字がないか確認できたら、メッセージ欄の下にあるオレンジの「応募する」ボタンを押して、クライアントからのお返事をドキドキしながら待ちます。

採用から報酬受け取りまでの流れ

引き続き、プロジェクト形式(固定報酬制)の場合でご説明しますね。

1.仕事開始は仮払いされてから

クライアント・ワーカー双方が条件合意した後に、正式に契約を結びお仕事がスタートします。
クラウドワークスは、原則として仮払い方式を採用しています。ワーカーは、クライアントの仮払いを確認してからお仕事を開始することになっています。

作業が完了するまでワーカーへの支払いが実行されないので、クライアントは安心。納品後の報酬が保証されるため、ワーカーも安心してお仕事に専念することができるんです。

2.計画的に作業をすすめよう

契約後は納期にあわせて計画的にお仕事を進めていきましょう。分からないことがあれば、その都度クライアントへ連絡し、契約中は円滑なコミュニケーションを心がけましょう。

納品後、クライアントによる検収が完了したら報酬が確定します。

3.仕事が完了したら手数料を払う

クラウドワークスでは、実際に仕事を受注するまではお金はかかりません。

仕事を受注して報酬が確定した場合、契約金額に応じて、ワーカーが受け取る報酬金額の5%~20%がシステム利用料として差し引かれます。

※コンペ形式も同じです。

確定した報酬は、あらかじめ設定している出金方式に基づいて「15日締め⇒月末振り込み」「月末締め⇒翌月15日振り込み」として手続きが行われます。

出金方式は、マイページの「報酬」の画面から、何度でも変更することができます。

クラウドワークスの出金方式は3種類!

通常の随時出金方式(締め日時点の未出金報酬額が1,000円以上なら、半月後に振り込み)のほか、50,000円以上出金方式(締め日時点の未出金報酬額が50,000円以上なら、半月後に振込)やキャリーオーバー方式(未出金の報酬額に関係なく、自動的に出金が繰り延べ)といった方式が用意されています。

振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)を節約したいという方は、50,000円以上出金方式・キャリーオーバー方式を選ぶのがおすすめです。

クラウドワークスなら在宅で空き時間に文章作成するだけ

クラウドワークスのお仕事の中で、とくにおすすめしたいのが文章作成です。文章作成のお仕事は募集数が圧倒的に多いんです。

「文章作成って難しそう」なんて避けているのは、もったいないですよ。文章作成のお仕事は、テーマの種類が豊富!きっと興味のあるテーマが見つかるはずです。

タスク形式なら文字数も400字程度からあるので、自信がないという方は、まずタスク形式で文字数が少ない文章作成のお仕事から始めてみましょう。

失敗しない方法として、最初のうちは、全く知識がない分野の文章作成には手を出さないこと。ゼロから理解しながら調べていくのは、思っている以上に時間がかかります。

焦らず、ご自分が楽しめるペースでお仕事の経験を増やしていき、徐々にお仕事の幅を広げていってくださいね。

 

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

クラウドワークス
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント