ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

音声入力による記事作成についてーGoogleドキュメントを利用する方法

音声入力という方法はクラウドライターにとってとても便利な方法です。 言い方はとても簡単でコンピューターに向かって話をすればそれをツールは聞き取って文章にタイピングしてくれます。

使い方は音声入力ツールをインストールする方法 google ドキュメントを利用する方法 とがあります。

Googleドキュメントを利用する方法

Googleドキュメント利用して音声入力する場合、 画面上部のツールバーにあるツールを選択し、その中の音声入力を選びます。

ドキュメントの左横にマイクのアイコンが出現すると思いますので、それをクリックしてからパソコンに向かって話しかけます。

Googleドキュメントが、音声を聞き取って文字にタイピングしてくれます。そのスピードはあまり速いとは言えませんが、それでも自分でタイピングするよりは、いくらかスピーディーに記事作成ができます。

もちろん誤字も多く、確実なのは1文ずつ入力していく方法です。

しかしタイピングが遅い人や、疲れてミスタイピングが多くなっているときは、 とても便利な方法です。

音声入力で記事作成するときのスピード

音声入力で記事作成する時のスピードはどのくらい速いのでしょうか。

実は、現在もこの記事を音声入力で作成しています。 だいたい1000文字入力するためにかかる時間は、話をするスピードにもよりますが、10分もあれば十分です。

ここまで話をして、すでに500文字タイピングしていますが、5分も経っていません。

このように、音声入力を活用することで、かなりスピードアップすることができます。 ただし、先ほども言いましたが、漢字変換などの間違いは結構多いので、こまめにチェックしておかなくてはいけません。

また、googleドキュメントの音声入力ツールは、google chromeのみに対応しています。それでも、副業もしくは本業のライターとして、記事執筆を効率的に行うには、是非とも活用したいツールだと思います。

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

仕事効率化
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント