ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

仕事の継続で単価交渉をすることはOK?NG?

自分の書く記事にどのくらいの価値があるかを提示できれば、単価交渉はしやすい。

諦めずに続けることが大切。最初は時給200円でも慣れてくるとタイピングのスピードも上がり、作業効率が良くなるので、時給換算はアップします。文字単価を上げるだけが収入アップではありません。

続けていれば時給2000円も不可能ではありません。

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

報酬と記事単価
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント