ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

SEO対策用のキーワードってどういうこと?

記事作成の依頼を受けると、よく「SEO対策用にキーワードを盛り込んで下さい」というような要望があります。しかし、ウェブライター初心者にとって、キーワードや SEOという言葉は、今ひとつピンとこないでしょう。

「SEO対策のためのキーワードを盛り込んだ文章を作成する」ということはどういうことなのか、 WEBライティングにとって、どれほどの重要性があるのかについて。考えてみます。

SEO対策とは何か

SEOという言葉に関しては、知識がなくても webライターとしてはやっていけます。しかし 、Webコンテンツでは、重要な意味を持ちますので知っておくのも良いでしょう。

SEO対策というのは、自分のサイトやブログを Google などの検索エンジンで検索上位に表示させるテクニックのことを言います。

SEO対策のテクニックとしては細かなものがたくさんありますが、そのひとつにキーワードの重要性があります。

キーワードとSEO

通常、検索エンジンで何かを検索する人は、ひとつもしくは複数のキーワードを入力して検索します。

ですから、検索結果として、表示されてほしい記事やコンテンツに、キーワードを十分に盛り込むことは seo 対策としてとても効果的だと考えられています。

そのため記事を作成依頼してくるクライアントは、 狙っているキーワードを、記事に一定回数実現させることを要求してくることがあります。

記事にキーワードを盛り込む方法

SEO対策としては、1つの記事に一定の割合で、キーワードが出現することが望ましいと言われます。かといって、キーワードを挿入することで文章が不自然になってはいけません。

記事中に決められたキーワードを指定回数以上、自然な感じで盛り込むことが webライターとしてのスキルです。

こういった SEO対策用の記事作成方法は、一度コツを掴んでしまえば、後はそれほど苦労しません。また自分のキャリアとして「SEO対策用記事作成できます」とアピールすることもできます。

キーワードを意識しない記事作成も

ところが、クライアントの中にはキーワードを使った記事作成を必要としないクライアントもいます。

キーワードを盛り込んだだけの、 中身の薄いコンテンツでは検索上位に表示されないという考え方もあり、 SEOを意識するかどうかはそのクライアント次第です。

Webライターとして、クライアントに評価されるライターになるには、そのクライアントが何を求めているのか、確認してから作業に取り掛かるのが良いでしょう。

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

ライティングのコツ
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント

  1. […] SEO対策用のキーワードってどういうこと? […]

  2. […] SEO対策用のキーワードってどういうこと? […]