ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

学生の副業やアルバイトに在宅ウェブライターがおすすめな理由

ウェブライターになる方法

ウェブライターというのは、今では人気のある副業の一つです。会社員やOK、主婦だけでなく、学生の中にもウェブライターとして稼ぐ人がいます。私も実際に学生さんで、ライターとして副収入を得ている人たちに出会ったことがあります。

今回は、学生の副業やアルバイトとして、ウェブライターがおすすめな理由について、書いてみます。

1.文字をタイプすることに抵抗がない

おそらくほとんどの学生さんは、大学のレポート提出などでパソコンを使って文章を書くことになれていると思います。

社会人として仕事をしている人や主婦の中には、パソコンなんてあまり触ったことがないという人も多いので、この点ですでに学生さんは有利ですね。

また、学生の中でもパソコンを全く使わない学科というのもあるかもしれません。そのようなケースでも、学校によっては学生が自由に使えるパソコンがあったりするものです。

そんな場合、わざわざパソコンを自分で購入する必要もないので、得ですよね。

2.情報収集になれている人が多い

学生さんは、講義の中や課題として、自分で資料を選び必要な情報を抽出し、レポートにまとめるという作業が多いものです。

自分に必要な情報を集めてそこから結論やまとめを導き出すというのは、ウェブライターとしても必要とされる技術です。

つまり、情報収集の技術をウェブライターとして活かすこともできるし、逆にライターとして培った技術を自分のレポート作成に活かすことも可能です。

3.自分の興味のある業界について掘り下げることも可能

ライターの仕事のジャンルはとても幅広いので、自分が将来考えている進路に役立つジャンルのものを選ぶことも可能です。そうすれば、目指している業界や業種の下調べをしながら、それを記事にして報酬をもらうことも可能です。

4.自分の空き時間を使って作業ができる

これは、学生に限ったメリットではありませんが、自分の好きな時間に好きな場所で作業ができるというのも、ライターの大きなメリットの一つです。

ネット接続ができる状態であれば、いつでもどこでも仕事ができますので、自分の空き時間を見つけて、コツコツ作業を進めることができます。

また、請け負う仕事のボリュームも、依頼主と交渉すれば、忙しい時期には作業数を減らしたり、時間がある時にはガッツリ仕事をして稼ぐということも可能になります。

少しでも空き時間があるなら始めてみよう!

このように、学生のアルバイトとしてもおすすめなウェブライター。自分のペースで仕事ができて、やり方次第では、報酬アップもそう難しくありません。

興味がある人は、ぜひ、積極的に挑戦してみてくださいね。

 

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

ウェブライターになる方法
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント