ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

ウェブライターとしてタブレットの文章作成だけでも稼げるか?

ウェブライターになる方法

ウェブライターは気軽にどこでも作業できてサクッと稼げるのが魅力です。もちろん、本格的に本業ライターとして仕事をするなら、作業環境を整えたり、それなりのパソコンがあれば効率は良くなります。

しかし、副業やお小遣い稼ぎとしてウェブライターを行う人にとっては、スマホやタブレットから文章作成するだで稼げるライターはとても魅力のある仕事です。

タブレットで文章作成

最近はタブレットを使う人が増えました。タブレットは、パソコンよりも持ち運びが簡単で、スマホよりも画面が読みやすいという、二つのディバイスのいいとこどりのようなアイテムです。

ライターとして、このタブレットから文章作成することもできます。タブレット用に開発されたワードやエクセルの類が使えるアプリがありますので、それをインストールしておけば作業が楽です。

例えば、Microsoft Wordや、Googleドキュメントのアプリをインストールしておけば、文章作成に関してパソコンで行うのとほとんど変わらない作業が可能です。もちろん、キーボードが使えないなどの不便さはありますが、パソコンほど場所を取らないで軽量なので、外出先でもサクっと作業ができますよね。

タブレットの文章作成でも副業ライターはできる

ライターの仕事もタブレットを使ってできます。仕事の受注から、文章作成、納品まで、ネットさえあればどこでも仕事ができますよね。タブレットのフットワークの軽さが役立ちます。

ただし、タブレットで行う文章作成の場合、複数のサイトを参考にしながらの記事作成は、パソコンほど楽ではありません。パソコンであれば、複数のウィンドウを開き、参考サイトを見ながらの文章作成ができますが、タブレットは画面の大きさが限られるので、ストレスになることもあります。

しかし、自分の体験談や口コミなど、他のサイトを参照しなくても書ける記事であれば、タブレットでも全く問題ないと思います。

タブレットしかない人もどんどん挑戦してみて

文章作成で稼ぐウェブライターは、やっぱりパソコンがないと…、とあきらめていませんか?

私も実は、一番最初に文章作成の仕事をしたときにはタブレットしか持っていませんでした。タブレットで地味に作業をして、それでためたお金でノートパソコンを購入しました。

ライター募集の中には、まれにパソコンを持っていない方はお断りという案件もあります。もちろん、それは、パソコンがなければ効率が著しく悪くなるので仕方がないのかもしれません。

しかし、一方で、スマホやタブレットからでもできる文章作成というのはありますので、それらから挑戦してみると良いでしょう。

 

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

ウェブライターになる方法
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント