ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

クラウドワークスで報酬を受取る方法~銀行口座の登録

クラウドワークス

今回は、クラウドワークスで報酬を受け取る方法や注意点について、お話ししたいと思います。

1.銀行口座を登録して、報酬を受け取ろう!

クラウドワークスで報酬を受け取るためには、銀行口座を登録する必要があります。銀行口座は、本人名義の日本の銀行口座のみ登録が可能です。

お仕事をして確定した報酬は、あらかじめ設定している出金方式に基づいて「15日締め⇒月末振り込み」「月末締め⇒翌月15日振り込み」として手続きが行われます。

クラウドワークスの出金方式は3種類!

  • 通常の随時出金方式(締め日時点の未出金報酬額が1,000円以上なら、半月後に振り込み)
  • 50,000円以上出金方式(締め日時点の未出金報酬額が50,000円以上なら、半月後に振込)
  • キャリーオーバー方式(未出金の報酬額に関係なく、自動的に出金が繰り延べ)

といった方式が用意されています。

初期設定では、随時出金方式に設定されています。出金方式は、マイページの「報酬」の画面から、何度でも変更することができます。

2.銀行口座の登録と注意点について

振込先銀行口座を登録する手続きはカンタンです。

  1. ログイン後、ページ右上の自分の表示名またはアイコンをクリック
  2. 「プロフィール編集」をクリック
  3. 画面中段にある「共通情報」の中の「振込先口座登録」をクリック
  4. 銀行口座の情報を入力し、「口座を登録する」(または「口座を更新する」)をクリック

以上で、手続きは完了です。

銀行口座は、本人名義の日本の銀行口座ならどこでもOKなんですが、ここで注意しなくてはいけないのが、報酬が振り込まれるときに発生する振込手数料です。

クラウドワークスの振込手数料は、楽天銀行が税込み100円なのに対して、それ以外の銀行はナント税込み500円!この差額はけっこう大きいですよね。

銀行口座を楽天銀行にするだけで、400円もオトクになるんです。皆さん、楽天銀行で報酬を受け取りましょう!

楽天銀行の口座開設は、申込書の記入不要・印鑑の捺印不要!

オンラインで簡単に申し込みができますので、まだ口座をお持ちでないという方は、この機会にぜひ申し込んでみてください。

楽天銀行の口座を無料開設する

3.おわりに

クラウドワークスで報酬を受け取るなら、楽天銀行が断然おトクです!

出金方式を「50,000円以上出金方式」「キャリーオーバー方式」にして、ある程度金額が貯まってからまとめて振り込まれるようにすると、さらに手数料を抑えることができます。

せっかくがんばってお仕事した報酬ですもん、できるだけ減らさず受け取るようにしましょうね。

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

クラウドワークス
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント