スポンサーリンク

ウェブライターとして効率よく稼ぐには「NO」という勇気も必要

ウェブライターとして記事作成をするお仕事は、経験がなくても始められるので、気軽に挑戦する人も多いです。ただし、初任給は非常に単価が低く、それでも未経験者が条件の良い案件に応募しても採用される可能性は低いので、低い報酬単価で仕事をするしかないという現実があります。

しかし、だんだんとこなれてくると、記事作成にかかる時間も短縮でき、記事単価の高い案件に応募しても比較的採用されやすくなります。

また、依頼主からスカウト依頼が来ることもあり、内心うれしいのですが、本格的にライターとして効率よく稼ぐには、時にはスカウトをお断りすることも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




依頼主からのスカウトって何?

ウェブライターとして効率よく稼ぐには「NO」という勇気も必要

ウェブライターとして登録したての頃は、自分にもできそうな案件を探して応募し、採否通知を待つというのが一般的です。当然、ライターとして未熟ですので、条件の良い案件や競争率の高い案件い応募しても採用される確率は高くありません。

そのため、低い報酬単価の仕事をもくもくとやっていくしかないわけです。まあ、仕事というのは、どんな業界でも同じかもしれませんが、経験を積み重ねることで、より条件の良いお仕事が回ってくるものですよね。

そうやって、経験を積み、クライアントからの良い評価がたまってくると、そのうち依頼主の方からお仕事のお声がかかることがあります。それが、「スカウト」です。

スカウトで依頼される案件は、普通のものよりも条件が良かったり、一般公開されていないクローズ案件だったりすることもあります。また、自分で仕事を検索して探す手間が省けるというメリットもあります。

しかし、スカウトで案内が来る仕事がすべて自分の好きな仕事とは限りません。

効率よく稼ぐには、スカウトでの依頼を断ることも必要

ウェブライターとして効率よく稼ぐには「NO」という勇気も必要

スカウトというのは、もちろん、今まで依頼を受けたことのあるクライアントが、リピートで声をかけてくることもあります。この場合、自分がライターに登録したての頃にお仕事をしたクライアントだったりすると、当時の記事報酬単価のまま、お仕事を提示してくる人もいます。

むかし、自分が未熟だったころにお世話になった人だし・・・、と思うと、少々単価が低くても引き受けてあげたいと思うのが人情でしょう。しかし、こればっかりを繰り返していると、単価が良い仕事にかける時間がどんどん減っていき、全体としての生産性が下がってしまいます。

つまり、仕事に優先順位をつけ、報酬が合わない仕事は、たとえなじみのクライアントからの仕事でも、「NO」という勇気が時には必要だということです。あるいは、報酬単価について交渉してみることをおすすめします。

要するに、高い時間給で仕事ができるときには、仕事を選ぶことも大切だということです。1日の作業時間は、無制限ではありませんからね。