未経験からウェブライターになる方法

初心者でもライターになれるのか、
ウェブライターの収入は?
などこれからライターを目指す人の疑問と不安を解説!

詳しくはこちら

初心者ライターにはココナラよりクラウドワークスをおすすめする理由

ココナラ

ライターというと、広い意味では記者や作家も含めることができますね。でも、私が普段話題にしているライターとはウェブライターのことです。

つまり、ウェブ上の媒体に文章を書く人のこと。

さらに狭い意味で言えば、自分のために文章を書くのではなく、クライアントさんからの依頼を受けて文書作成する人のことです。

他人から依頼されて文章を書くわけですから、自分で好きなことを好きなように書けるわけではありません。

でも、自分が書いた文章がウェブ上で公開されているのを見ると、ちょっと優越感というか、達成感を感じることもあります。

ウェブライターになるためには、いつくかの道がありますが、手っ取り早いのは、クラウドワークスなどのサイトに登録しておくことです。

私が使っているクラウドソーシングサイト

私がライターを始めたのもクラウドワークスでした。

そのあと、ランサーズというサイトの存在も知って、登録はしたんですが、ちょっと使いづらさを感じるところもあり、専ら、クラウドワークスを使っています。

ランサーズとクラウドワークスを両方使っているクライアントもいますので、紹介されている案件がかぶっていることもあります。だから、どっちか一つが使えればそれで十分でしょう。

現在は、クラウドワークスの他に、ココナラも使っています。ココナラでもウェブライターとして記事作成代行サービスを提供しています。

ライター初心者にココナラをおすすめしない理由

ただ、ココナラは初心者ライターには使いにくい点もあり、あまり最初の登録サイトとしてはおすすめできません。

ココナラにもいいところはあるんですが、未経験の人の場合は、まずクラウドワークスから登録をおすすめします。

その理由はいろいろあるんですが、まず、ココナラとクラウドワークスでは、ユーザー層が異なる点です。

クラウドワークスやランサーズの方が、アフィリエイターやブロガーなど、がっつりビジネスとしてライターを探している人が多いのです。

一方のココナラは、はっきり言ってしまうと、素人っぽいクライアントさんが多いです。

素人さんが悪いわけではありません。ただ、クライアントとの折衝や交渉に慣れていない初心者ライターの場合、ココナラでほとんど素人のクライアントを相手に仕事をするのは、ちょっと難易度が高いのではないかと思います。

だから、まずはクラウドワークスやランサーズで実力をつけてから、ココナラでサービス出品というアプローチがいいと思います。

ココナラは競合も厳しい

また、ココナラではすでに多くのライターさんが記事作成代行サービスを出品しています。そこに、初心者ライターが参入するのは、ちょっと難しいのではないかと思います。

業績がない人の場合、どうしても作業単価を下げることになります。それでも、依頼が来なかったりしますが、あまりに安い金額で仕事を受けてしまうと、継続するモチベーションが続きません。

そうやって、ココナラで挫折してしまうライターさんはけっこう多いのではないかと思っています。

ココナラは利用者からのレビューがつくんですが、そのレビューを見て新規ユーザーが購入を決めるという流れになっています。

だから、参入したばかりの新参者はけっこう市場に食い込んでいくのに苦労します。

それでも、ライターとして長く仕事をしていくなら、ココナラも使いこなしていくのがおススメです。

ココナラには公開依頼という仕組みもあります。これは、ユーザーが募集する案件に応募する形で仕事を取ることができるシステムです。

その中にライティング案件もありますので、そこからチャレンジして、評価を積み重ねていくことができます。

また、ココナラはアイデア次第でライティング以外のサービスを販売することも可能です。

いろいろなサービスのアイデアを持っている人は、複数商品を出品してみれば、意外とヒット商品が生まれるかもしれません。

なにごとも挑戦です。まずはアカウントだけでも登録しておくといいと思いますよ!

★ウェブライティング講座の無料体験が受けられます。

→女性による女性のためのクリエイティブスクール【SHElikes】

「知識ゼロ未経験ライターからブログ運営を経て不労所得を作るまでの道のり」メルマガ無料登録

登録者全員に、

SEOライティングや文章力を200%高めるブラッシュアップ法を盛り込んだ、
PDFファイル(14000文字強)を特典として無料プレゼントしています。

メルマガでは、

・知識ゼロ、未経験からウェブライターになる方法
・ライティング技術を活かして自分でブログ運営する方法
・コンテンツ販売などによる不労所得を作る方法

など、ブログや他サイトでは公開しにくいノウハウを紹介しています。

登録は無料、解除もいつでも可能です。

迷惑フォルダに入ることが多いので、メルマガが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてください。

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

ココナラ
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント