ウェブライターとして登録しておくべきサイト

今すぐライティングの仕事ができるサイトを紹介。無料で登録できます。

詳しくはこちら

クラウドワークスの手数料について

クラウドワークス

クラウドワークスでお仕事を受注するときに関係してくる、手数料「システム利用料」について今回はお話ししたいと思います。

1.クラウドワークスのシステム利用料って?

クラウドワークスでは、お仕事を発注するクライアントはシステム利用料無料(有料オプションを除く)です。

一方ワーカーは、会員登録やお仕事への応募はシステム利用料無料!

実際にお仕事を受注して、契約が完了し報酬がお支払いされるときに、報酬額からシステム利用料が差し引かれるようになっています。クラウドワークスのシステム利用料は、ワーカーが受け取る報酬金額の5%~20%。契約金額によって計算方法が変わってきます。

2.クラウドワークスのシステム利用料は、報酬金額の5%~20%!

クラウドワークスのシステム利用料

  • タスク形式のお仕事⇒無料!(追記:2017年6月より有料化されました)
  • 20万円を超えた部分の金額に対して⇒5%
  • 10万円超~20万円以下の部分の金額に対して⇒10%
  • 10万円以下の部分の金額に対して⇒20%

ちょっと分かりづらいので、例を挙げてみますね。

例)契約金額(税込)が25万円の場合の、システム利用料の計算方法。

  • 20万円を超えた部分の金額に対して⇒2,500円(5%)
  • 10万円超~20万円以下の部分の金額に対して⇒1万円(10%)
  • 10万円以下の部分の金額に対して⇒2万円(20%)

契約金額は25万円ですが、25万円に対してシステム利用料5%ではなく、このような計算方法でシステム利用料が算出されます。

つまり、この場合は「32,500円」がシステム利用料として、ワーカーが受け取る報酬金額から差し引かれるということになります。

3.おわりに

クラウドワークスのシステム利用料は、お仕事の単価によって変わってくる、ということを覚えておきましょう。

クラウドワークスでは、クライアントとしてお仕事を発注する場合や、単価が10万円を超えるようなプロ向けのお仕事を受注する場合は、とてもオトクだといえます。

システム利用料が気になる方は、お仕事が限られますが、「システム利用料0円」の初心者向けのタスク形式から、お仕事を探すのも良いかもしれませんね。

追記:

クラウドワークスのテスク手数料は、2017年6月より有料化されています。

 

フリーランスライターとして登録しておくべきサイト
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト。ライティングだけでなく、さまざまな仕事の中から自分にマッチしたものを見つけることができます。登録者も仕事の案件も多い。

ココナラ

自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式で、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

アナザーワークス【Another works】

フリーランスと企業のためのマッチングサービスです。複業という働き方を目指す人をターゲットに、条件に合った案件や契約を見つけることができるサイト。

単発の仕事というよりは、きちんと一つ一つの契約を大切にキャリアアップしていきたいライターさんにおすすめです。

クラウドワークス
スポンサーリンク
WEBライターのひとりごと

コメント